• Academic
  • 短期交換留学プログラム

IGLOBE(Intercultural and Global Oita Based Education)English

本プログラムは短期交換留学生のためのプログラムです。日本語・日本事情、および大分地域の文化・社会について学び、理解を深めることを目的としています。レベルに合った「日本語クラス」と「日本事情科目」、さらに日本語または英語で開講される「グローバル科目」を履修できます。十分な日本語能力を有している場合、日本人学生を対象とした教養教育科目や各学部で開講される専門科目を受講することができます。

応募の資格及び条件

  • 大分大学と学生交流協定を締結している大学の正規課程に所属する学部学生又は大学院生
  • 在籍大学における学業成績が優秀な者
  • 本学での強い勉学意欲を持ち、授業に欠かさず出席できる者

日本語もしくは英語の語学力

  • 韓国・中国・台湾:日本語能力試験N2以上に合格している者
  • 上述以外の国  :日本語能力試験N4以上に合格している者
  • もしくはTOEFL500点(IETLS 5.0)に相当する英語力を持つ者(日本語学習歴は不要)

履修できる科目

  • 日本語・日本事情科目:日本語科目は日本語習得を目的とした科目です。ゼロ初級から超級までの授業が提供されます。日本事情科目は日本文化や社会の理解を深めることを目的としています。
  • 大分事情科目:大分の歴史や地域社会について学ぶ科目です。研修旅行や地域との連携を通して、大分の現状を学びます。開講科目には、「大分事情」、「狂言で大分を学ぶ」、「サステナビリティ大分」などがあり、必修科目として最低1科目履修します。
  • グローバル科目:アカデミックジャパニーズ、ビジネスジャパニーズ、日本語学、経済学、理学、工学、教育学、言語学、ポピュラー・カルチャー等の科目が、日本語もしくは英語で開講されます。日本人学生と共に受講する科目です。
  • その他の科目:十分な日本語能力を有している場合、日本人学生を対象とした教養教育科目や、各学部で開講される専門科目を受講することもできます。

単位について

学生ビザで滞在するため、1週間に7科目(10時間)以上の科目履修が必要です。また単位の互換制度により、取得した単位を母国の大学で認定してもらえる場合もありますので、母国の大学に問い合わせてください。

学費

交流協定にもとづき、検定料、入学料、授業料を大分大学に払う必要はありません。

開講時期

春学期は4月から8月まで、秋学期は10月から2月までです。

奨学金

協定校からの交換留学生には日本学生支援機構(JASSO)の奨学金が支給されることもあります。人数制限があるため、1年間の留学、及びN1合格かつ成績優秀な者を優先して選考します。

※応募締切日など、短期交換留学プログラムに関するご質問は国際交流課 (exchange@oita-u.ac.jp) までお問い合わせください。



大分大学

分大生たちの「今」がここにその様子をぜひご覧ください

大分大学 大分大学国際教育研究推進機構 分大留学生奮闘記 トビタテ!留学JAPAN 大分大学への留学案内